Yoga

ホットヨガで汗腺を鍛える発汗トレーニングを!~良い汗をかく体質になって熱中症予防~

ホットヨガの特徴は、温められ湿度の高い環境の中でトレーニングすることです。発汗量は個人差がありますが、普段の生活とは違う質の高い汗をかくことができます。この汗の違いによって、熱中症予防にもつながる発汗トレーニングができるのです。

毎年叫ばれる熱中症の怖さ

夏になると必ずニュースなどでも取り上げられ、話題に上がるのが熱中症です。 身体が回りの気温に対応できなくなり、体内の水分バランスなどが崩れたことで、体温調節ができなくなった状態を熱中症と呼びます。周りの温度に対応できないことが大きな原因であり、汗をかいて体温の急激な上昇を防げないことが熱中症につながるのです。
熱中症が怖いのは、室内でも起こる可能性があるところでしょう。体温調節機能がしっかりしていないと、安全と思っている場所でも熱中症になる可能性があるからです。

軽い症状であれば立ちくらみやめまい、筋肉痛程度で済みますが、重度になると意識障害や痙攣まで起こし、重症化する可能性があります。これまでも様々な対策が考えられてきましたが、暑さに備えた体質づくりが欠かせないのです。

ホットヨガと発汗

ホットヨガの教室の環境は、室温38~40度、湿度は50~60%程度の中で行われます。ヨガとしての内容はハタヨガから派生した形であり、基本的なところは変わりません。常温の教室とは違い、高温多湿な環境の影響ですぐに身体が温まります。この環境により大量の汗をかくところがホットヨガの特徴です。身体を動かす機会がなかなかない人でも、想像以上の汗をかけるのです。

室温と湿度をコントロールした環境の中で行うので、トレーニングで新陳代謝を活性化させられます。急激な運動をすることなく、ゆっくりと身体を動かすだけでも、じわじわと大量の汗が出てくるのも新陳代謝の活性による影響です。発汗とともに身体の中に溜まっていた老廃物も循環させ排出していくので、普段汗をかけない人も徐々に体質改善できます。

ホットヨガでかく汗の量は、1時間当たり1リットル程度といわれてきました。普段の生活や運動ではありえない量の汗が出てくるのです。 もちろん個人差があるため、誰でもこの通りではありませんが、トレーニングを繰り返しているとそれだけ新陳代謝が向上していきます。

良い汗と悪い汗の違い

ホットヨガでも大量の汗をかきますが、 人間には良い汗と悪い汗があることに注目しなければいけません。これが熱中症予防にもつながるからです。
良い汗とは、水のようにさらっとしており臭いもありません。体温のコントロールに役立つ大事な汗で、粒を見ると小さいところが特徴です。
悪い汗とは、身体がベタベタした状態で、汗の粒が大きく臭いがあり嫌な感じがします。老廃物としてアンモニアや尿素が混じった状態だからで、皮膚の常在菌が分解したことにより臭い出してくるのです。
悪い汗になる理由は、普段クーラーの中などで汗をかける状態にないことがポイントです。汗をかくための汗腺の活動が悪く、休止状態になっている部分が多く見られます。この状態になると、汗腺の働きもうまくいかず必要な汗がかけないことから悪い汗になりやすいのです。新陳代謝が落ちている状態であり、身体の中にも老廃物がたまっています。だらだらと大量の汗をかくようなことも、新陳代謝や汗腺の働きにも悪く、悪い汗になる原因です。

熱中症予防に発汗トレーニング

熱中症予防としてみた場合、良い汗をかけることが大切です。汗により体温のコントロールができるためで、ホットヨガが発汗トレーニングとして役立ちます。
ホットヨガの環境は身体を温めやすく大量の汗をかきます。誰でも発汗トレーニングとしてとても簡単に取り組める環境です。
ヨガのポーズにより筋肉をほぐせますが、 温かい環境の中なので負担をかけません。筋肉がほぐされることで筋肉が血液ポンプの役割を取り戻して血流が改善され、体内にたまった老廃物も押し出してくれます。大量の汗とともに老廃物を体外に排出するので、汗の質も徐々に変化するのです。
大量に汗をかくためには、十分な水分補給も欠かせません。ホットヨガを始めたばかりの時は、大量の水分をとるため、身体がむくんでいるような感覚があるかもしれません。しかし、老廃物の排出が進み、新陳代謝が向上していくと、この感覚もなくなるのです。
良い汗をかきはじめた時期でもあり、ホットヨガが発汗トレーニングとして役立つポイントになります。さらに良質な水分を補給できれば、体内で老廃物の排出と共に、水分もどんどんと入れ替えられるのです。これがホットヨガのトレーニングが熱中症予防に役立つポイントです。

ホットヨガで体質も改善して熱中症予防に

人間は本来汗をかいて体調のコントロールを行なっています。このコントロールがうまくいかない状態が続くからこそ、 室内でも熱中症になる可能性が高まるのです。
ホットヨガは、誰でも取り組める方法で身体の負担も少なくてすみます。 夏場でもクーラーの中で過ごさなければいけない人にとって、うまく汗をかくトレーニングは欠かせません。発汗トレーニングによって健康な身体作りに取り組めますし、熱中症予防にもつながります。夏に高温多湿なところでヨガをするのはどうなのだろうと思うかもしれません。一度試してみると、その違いがわかります。汗をかいたことによって清々しい気分になれるでしょう。ホットヨガは良い汗をかく体質作りに役立ってくれるのです。

The Beverly Clubでは、初心者におすすめのレッスンやリラックスを目的としたレッスン、ハードなレッスンなどから、お好きなレッスンをお選びいただけますので、まずはお気軽にトライアルレッスンにお越しください。

カラム