Yoga

「ヨガ・ピラティス」それぞれの効果と目的の違いを解説

ヨガとピラティスに違いはあるの?

ヨガとピラティス。「どちらも同じなのでは?」と思っている方、意外と多いのではないでしょうか?パッと見では似たようなウェアを着て、同じような動きをしているため、ヨガとピラティスを混同している方も多いかもしれません。でも実はヨガとピラティスの目的や効果には大きな違いがあるんです!
今回はヨガとピラティスそれぞれの違いを解説!2つの違いを知って、今の自分にぴったりなエクササイズ方法を見つけていきましょう。

まずはヨガとピラティスの目的の違いを知っておきましょう!

そもそもヨガとピラティスではエクササイズをする目的が違います。まずはそれぞれの成り立ちや目的を知っておくことが大切です。

ヨガの目的は心と身体のバランスを整え瞑想を深めること

ヨガは4500年以上前にインドで生まれた仏教・ヒンズー教を起源とする修行法から生まれました。ヨガのポーズ(アーサナ)と呼吸法(プラーナヤーマ)、そしてストレッチを取り入れることで心と身体のバランスを整えて、瞑想を深めることを目的としています。
現在では修業的な要素はほとんどなくなり、運動強度が高くエクササイズの要素を重視したレッスンも増えているためピラティスと勘違いしてしまう方も多いようです。しかし、どんなに運動強度が高いヨガでも、深い呼吸とともにポーズを通して精神面を整えることを重視しながら、しなやか健やかな身体を作っていきます。

ピラティスの目的は身体を鍛えること

ピラティスはドイツ人のジョセフ・ピラティスによって考案された運動方法です。第一次世界大戦中にアメリカ軍の負傷兵のリハビリに取り入れられたことから世界中に普及していきました。
胸式呼吸でエクササイズを行うことで、普段はなかなか鍛えることの難しいインナーマッスルを鍛えて体幹を強化。ボディラインや姿勢の改善、さらにダイエットやケガの予防などを目的として行われています。

ヨガの効果は瞑想やマインドフルネス

ヨガでは腹式呼吸をしながらポーズをキープすることで呼吸が深まり、瞑想の状態を深めていくことができます。ひとつのポーズを長く取るため身体をストレッチすることができるので、柔軟性を高めたいという方にもぴったりです。
深くゆっくりとした腹式呼吸では酸素を多く体内へと取り込むことができるため、副交感神経が優位に働いて自律神経を整える効果も期待できますよ。心と身体をひとつにすることでマインドフルネスな状態へと導き、日頃の忙しさやストレスから解放していきましょう!
ひとことにヨガといってもさまざまな種類があり、一般的にヨガと呼ばれているのは「ハタヨガ」。多くのヨガのベースとなっているヨガなので、初心者さんはまずハタヨガから入ってみるのがよいでしょう。しっかりと身体を鍛えたいなら休みなく連続してポーズをとっていく「ヴィンヤサヨガ」やアメリカで生まれたエクササイズ要素の強い「パワーヨガ」をおすすめします。
「どのヨガが自分に合っている?~代表的なヨガ9種類と難易度~」の記事はこちら
また、「マタニティヨガ」は身体の重い妊婦さんでも行える有酸素運動。妊娠中の運動不足の解消にも効果的です。ゆったりとした呼吸法や瞑想を通して自立神経の乱れを調整でき、全身をゆっくりとほぐすことで血行を促進してむくみが気になるときにもおすすめ。骨盤のゆがみが気になるときにもぜひ行ってみてください。

ピラティスは筋肉を鍛えてダイエットにも効果的

ピラティスは胸式呼吸をしながら身体に負荷をかける動きを行うことで、身体の内側にあるインナーマッスルを強化する効果があります。
特に腹筋周辺のインナーマッスルを効率よく鍛えることができるので体幹を強くすることができ、背骨や骨盤が正常な位置に整って姿勢が改善。立ち姿やボディラインを生き生きと美しく見せることができるようになるんです。ピラティスのエクササイズを続けることで次第に身体が引き締まっていくので、ダイエットしたいという人にも効果的です。
「ホットヨガで目指す”痩せやすい身体づくり”」の記事はこちら
ピラティスは大きく分けて2種類。ヨガマットを敷いて行う「マットピラティス」と専用のマシンを使って行う「マシンピラティス」があります。
妊婦さんにおすすめの「マタニティピラティス」では重くなった妊娠中のお腹や身体を支えるために必要な筋肉を鍛えることができ、身体の負担を軽減。筋肉の奥深くにある骨盤底筋や腹横筋を強化することで、出産の際にいきみやすくなったり、産後の尿漏れを予防したりする効果もあります。

自分に合ったエクササイズを選ぼう!

ヨガとピラティスの目的や効果はそれぞれ違います。今の自分の身体にはどんなエクササイズが本当に必要なのかをチェックして、自分にぴったりな方法を選んでみてください。
どちらを選んでよいのかわからないという方にはヨガをおすすめします。何かとストレスの溜まりやすいコロナ禍では自律神経が乱れがちに…。ヨガを通してゆっくりと精神面を整えていきましょう。
The Beverly Clubでは、リラックスできるヨガから、肉体美を目指すヨガまで、さまざまなプログラムをご用意しております。
目的に合ったプログラムを選んでみてください。
プログラム一覧はこちら

カラム