YOGA EXTREME

実はとっても大事な体幹をヨガで鍛えよう

体幹を鍛えることの大切さはよく耳にしますが
“体感”とは何なのでしょうか。
体幹は胴体部分のことで、
頭部と左右の手足以外の部分を指します。
腹筋だけを指すのではなく、
胸、背中、お尻も含めた胴体のことです。
体幹を構成するのは骨と筋肉です。
骨は骨盤、背骨、肋骨、肩甲骨などがあり
その周囲に深層筋や表層筋があります。
深層筋と表層筋を体幹筋と呼ぶのです。
よく耳にする「インナーマッスル」は
深層筋のことです。
表層筋は深層筋の外側にある筋肉です。

Point

  • 代謝UP・体脂肪燃焼
  • インナーマッスル強化
  • 肉体美
  • ダイエット効果

体幹を鍛えると起こる良いこと

①内臓を所定の位置に収める
肺や心臓、胃腸などの臓器はなぜいつも同じ場所にあるのかと
不思議に思ったことはありませんか?
それは体幹が臓器が正常に機能するように
所定の位置に収め守っているからです。

②動きを生み出す土台の役割をする
表層筋は体幹を前後左右に曲げたり、
捻ったりするのに使われます。
多くの動作は四肢の動きを伴いますが、
いちばん最初に動いているのは
体幹部の筋肉です。
体幹部の筋肉に連動して
腕や足の筋肉が動くのです。
体幹がしっかりしていないと
手足の動きもままならないのですね。

③軸の役割
私たちは全く意識しない
日常生活の中で体幹を使っています。
たとえば身体をひねる動作をする時です。
後ろにあるものを取るとき、
届きにくいものに手を伸ばすときなどの動きは
体幹のひねりや安定がなくてはできません。

④ダイエットにつながる
体幹を鍛えることで
今述べてきた三つの役割がより一層強化されます。
それは日常生活の中で力を
発揮しやすくなるということを意味しますし
身体のバランスが改善されることで
ひいてはダイエットにもつながるのです。
立ちっぱなしの通勤電車内でよろけない、
重い荷物も持てる
よい姿勢をキープできる、
階段を上っても息切れしにくくなる
疲れにくくなる、
腰痛が改善する、ダイエットができる
など日常生活の中でメリットがたくさんあります。