~ヨガ用語について~


2020-11-11

こんにちは!
ビバリークラブ運営スタッフのRです。

レッスンを受けていると、インストラクターの先生が動きについて説明する際に、ヨガ用語があることに気付きます。
例えば、よく動いた後、体を休めていきましょうというタイミングで話される『シャバーサナ』
(初めて聞いた時、なんかヨガを習っている感じがしてカッコいいと思った単純な私。汗)

マットの上に仰向けに横たわり少し足を開き両手は掌を上に。
全身を脱力させリラックスします。
(リラックスするのはもちろん、1時間よくがんばったなーと思う時間でもあります)

ちなみに、この『シャバーサナ』という言葉の意味ですが、サンスクリット語で『屍(しかばね』という意味の『シャバ』と、ヨガポーズという意味の『アサーナ』をつなげた言葉だそうです。
(死体のように横たわっているという意味でしょうかね。実際、ハードな動きが続いた後のシャバーサナしてる時、私はまさに死体です。笑)

よく先生が『全身の力を抜いてゆっくり呼吸してください。大地に身を委ねるように、何も考えずリラックスしてください』と語りかけますが、体を整えるのに効果的なんだなと実感します。
(先生の優しい語りで、本当に寝落ちしそうにもなるのですが)

ヨガ用語からレッスンの本質を考えるのも面白いかもしれません。