STORY

ストーリー

2010年アメリカロサンゼルス
サンタモニカビーチを一本 中に入ったブティックロード沿いにあるヨガスタジオ
『Come on』
声をかけられ入店
そこには、お洒落なウェアで、ビッシャリ汗をかき 真剣に、ヨガしてる光景が。

アメリカに来たばかりで、英語を一切話せない日本人に
『You Sloud try』と一声
ワクワク、興奮しました。

翌朝、初めてのレッスンが90分かけて行う『ビクラムヨガ』
驚くほどの汗と、
自分の身体の硬さ、
肉体のたるみに気がつくと同時に、
このままの体型では、恥ずかしいと自分の醜さに自己嫌悪とワクワク感が
レッスン終了時には、最高のリフレッシュと感動したのが始まりです。

『続けたい、ヨガってこんなに凄いんだ』

また、アメリカ人っぽく、
『Wow』『Fow』『Yeah』など、
自分の感情をありのまま
表現することにも、ワクワクでした。

ほとんど毎日、通いました。
レッスンに、行けない日には気持ち悪くなるくらいになりました。
硬かった身体は柔かくなり、身体は筋肉がつき、引き締まり、
自信がつき、ポジティブで、ワクワクで、毎日ハッピーでした

家族、周りに、感謝の気持ちが湧いてきました。
1番に思ったことは、両親にヨガして欲しいと、
そして、日本にもこれも持っていきたいと

ヨガは美しい・ヨガはかっこいい
そんな想いから始まったYoga Clubです。